庭の雑草に困ってるの?砂利・タイル・コンクリート敷いて雑草対策する方法

綺麗なお庭は心を安らげますよね。

お庭が素敵だと、来客からの家全体のイメージもよくなります。

なので雑草だらけな見栄えだと…少し印象が悪くなってしまいますよね。

でも…雑草をいちいち抜くのは面倒くさい!

面倒で重労働な草むしりの手間を省くことができれば、ゆとりを持った生活を送ることができると思いますよね。

しかし、ちょっとした工夫で雑草対策ができて、庭もオシャレにすることができる方法

があれば、試してみたいですよね。

今回はお庭の雑草対策について記事をまとめてみました。

雑草をほったらかしにして虫が住み着いてしまう前に、是非一緒に対策をしていきましょう。

雑草対策に砂利やタイルを敷いてみよう

雑草対策にオススメなのが砂利、もしくはタイルを置くことです。

防草シートをお庭に貼って、その上に砂利やタイルを乗せると雑草は生えてこなくなるのです。

砂利の種類やタイルのデザインも豊富なので、自分の好みに合わせてお庭を作ることができます。

砂利とタイルにはそれぞれメリット、デメリットがあるので、自分に合ったものを選択されると良いでしょう。

砂利のメリット・デメリット

砂利のメリット

・テクニック不要

砂利を敷くだけでできるので、テクニックいらずで簡単に雰囲気を変えることができます。

・防犯対策になる

砂利が敷いてあるだけでも、歩くとジャリジャリ音がするので、防犯機能を兼ねることができます。

・安価に施工できる

選ぶ砂利の種類にもよりますが、タイルと比べるとお値段を抑えることができます。

砂利のデメリット

・掃除がしづらい

砂利のある場所に木などの植物が生えていると、落ち葉を拾うのが大変です。

・コロコロと転がりやすい

小さくて転がりやすい砂利は、外に出てしまったり、排水溝に落ちてしまったりすることがあります。

・子供やペットが遊びづらい

お子さんやペットがいる場合は、お庭で走り回ったりするのが難しいかもしれません。

お子さんが小さいと砂利を投げてしまうこともあるかもしれません。

タイルのメリット・デメリット

タイルのメリット

①見た目がオシャレ

選ぶタイルによって、自分好みのデザインにすることができます。

②掃除がしやすい

掃き掃除もしやすく、少しの汚れなら水で洗い流せばいいのでお手入れが簡単です。

③メンテナンスが楽

施工の手間はかかりますが、後々のことを考えるとメンテナンスがとても楽です。

タイルのデメリット

①滑りやすい

タイルの種類にもよりますが、水に濡れると滑りやすくなるものもあります。

②夏は暑い

タイルによっては太陽の反射により、暑くなったりまぶしくなるものもあります。

③費用がかかる

タイルの大きさやデザインによってはコストがかかり、敷くためにテクニックと時間も必要となってきます。

コンクリートなら雑草を完全に生やさない!

コンクリートにすれば、雑草を完全に生やさなく出来ます。

コンクリートは砂利やタイルに比べると移動できない、後からデザインを変えられない等のデメリットがありますが、それよりも「もう草を生やしたくない!」と言う方は思い切ってコンクリートにしてしまいましょう。

そうすることで、お手入れ要らずでお庭をキレイに保つことが出来ますよ。

雑草対策をするとこんなにも違う!

雑草対策をするだけで、日々の生活も穏やかになります。

家の中よりも人の目につくので、庭が綺麗に保たれていると家全体のイメージも良くなることでしょう。

雑草対策をすると、景観がよくなる以外にもメリットはたくさんあります。

虫や動物が住み着きにくくなりますし、雑草の中にはトゲがあるものもあるので、安心してお庭に出ることができるようになります。

雑草が原因でご近所トラブルになることも稀にあるので、最初から雑草を生えないようにしておけば気も重たくありませんよね。

まとめ

防草シートには安価なものから高価なものまで種類が豊富です。

商品によってはすぐに劣化してしまうものもあるので、正しい商品選択が必要です。

防草シートを敷く前には必ず除草をしておきましょう。

草むしりだけでなく、除草剤も使ってしっかりと根から処理しておくことがポイントです。

また、完全に雑草を生やしたくないなら、いっそのことコンクリートにしてしまうのも手です。これでもう雑草に悩まされることはなくなります。

以上のように雑草対策ができ、しかも庭の印象が変わってオシャレになるのはとても嬉しいですよね。

お庭に出るのもきっと楽しくなることでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です