花壇の作り方と施工例

ピンコロ石を使った花壇

1辺が約10cmの花崗岩の石材です。
長さは10cm、20cm、30cmのものが良く使われます。
ヨーロッパの石畳などでよく使われる石材で
日本でも公園や花壇などに利用されています。

ピンコロ石を並べて、石と石の間にコンクリートを詰めて固定します。

直線に仕上げたり、曲線に仕上げる事が可能です。

花壇には、背の高い木と背の低い木を混植すると立体感が出てカッコよいです。


レンガの花壇

レンガもよく花壇を作るときに使われる素材です。
ピンコロ石よりかわいらしい雰囲気に仕上がります。
横向きに積んだり、縦向きに積んだりできます。

枕木の花壇

枕木という名前ですが、線路に使われた本物の枕木ではなく、木材に防蟻防腐処理をした既製品です。

ブロックを使った花壇

一番安価でできるのがブロックで作る花壇です。
安価でできるのは、レンガがピンコロ石よりサイズが大きいので、
使用する数量が減るので施工費が減るからです。
オシャレなデザインのブロックも沢山販売されているのと、
ブロックの間に鉄筋を入れて補強できるので頑丈な花壇を作ることができます。

 

松本市、安曇野市、塩尻市で花壇を作るなら

ご敷地を拝見して、デザイン、プランニングは無料です。
お見積りも無料です。
レンガなどの材料だけの販売もしています。
なんでもお気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です