三協アルミのカーポート「M.シェードⅡ」

高強度とスタイリッシュなデザイン性を兼ね備えたカーポート「M.シェードⅡ」。

軽量で強度があるアルミ製のプレートトラスを採用した屋根ユニットの組み合わせの美しさが特長です。

自宅のモダンな外観に合うカーポートがなかなか見つからない…とお悩みの方にも喜ばれ、従来品よりもさらにすっきりとしたフォルムになりました。

柱が後方にあり、梁から屋根を吊り下げる「上吊りタイプ」と、フレームに屋根を乗せた安定感のある「梁置きタイプ」の2種類があるので、違いを比較してみましょう。

上吊りタイプ

ユニット同士をすっきりと連結し、スタイリッシュなデザインが印象的。

見た目の美しさだけでなく、背面支持スタイルで手前に柱がないので使いやすく、広々と開放的な空間。最大で3台の駐車が可能です。

片側にしか柱がないため、横向き駐車の2台駐車用としての使い方もできます。車からの見通しが良く車の出し入れや乗り降りがしやすく、玄関への動線もスムーズ。

柱はボルトを露出させない作りで、トラス屋根を隠さず見せてよりスタイリッシュに。雨どいも柱になじむデザインです。

ダウンライトは不快なまぶしさを抑え、柔らかな光がトラスを照らし、上品な雰囲気を演出します。

梁置きタイプ

片側支持と両側支持タイプがあり、壁付けや耐積雪量50㎝仕様もあります。

従来品の雨どいは樹脂製の丸どいでしたが、アルミ製に変更。柱梁と一体化し、連続するトラスがより美しく映ります。

前モデルと同じく、省エネに配慮した低電圧のLEDダウンライト。

温かい光がエントランスを包みます。

業界最長の延長梁で最大間口12mで駐車台数は1~4台。ゆとりのあるカースペースを実現しました。敷地条件に合わせて障害物を避けて柱を設置したり、フレームをゲートのように使うことも可能です。

オプションのデザインユニットを、梁下に取り付けることもできます。

デザインユニット

角度をつけ、外からの視線に配慮し、半目隠しの角度格子タイプ

デザインユニット用柱と組み合わせて、最大10本まで取り付け可能。斜め方向からの視線を遮断しながら、ほどよく採光・痛風することができると共に、見る角度によって変わるデザインの変化を楽しめます。

ベーシックな四角格子タイプ

シンプルで、どんな空間とも相性が良いデザイン。正面からの目線を程よくカット。

デザインユニット用柱と組み合わせて、最大12本取り付け可能。

アルミ形材の押出断面をデザインに取り入れたアルミスタイプ

繊細なラインのアルミブロックの組み合わせがカーポートにアクセントをプラス。

梁の中間部にも取り付け可能で、 3種類の柄から選べます。

まとめ

それぞれにデザインと機能に特徴があるので、自分にはどちらが合っているか、よく比較して検討してみてくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です