狭い庭・極小庭をおしゃれに工夫した施工例

狭いお庭だったとしても、オシャレにしたり、子どもやペットが遊べるようにしたり、実用的に有効活用したいですよね。

どうせ狭い庭だから…と諦めてしまう前に、簡単にできるアイディアから実践していきましょう。

お家のお庭が今よりも素敵な空間になって、心休まる場所になるかもしれません。

 

狭い庭の施行例

極小庭でも、設置するアイテムによっては広々と使える空間になることもあります。

また、庭の場所によっては目隠しが必要になるかもしれません。

目隠しをすることで周りの目を気にすることなく快適に過ごせる場所になるかもしれませんよ。

 

・ウッドデッキを敷く

ウッドデッキを敷くことで日向ぼっこをしたり、子どもやペットの遊び場になったり、バーベキューをしたりと…活用の幅を広げることが出来ます。

夏にはプールを置いて水遊びを楽しむことも。

家から庭へ出る時は段差を降りないといけませんが、ウッドデッキがあることで段差がなくなるので、お庭に出る頻度も上がるかもしれません。

 

・パネルやスクリーンで目隠しをする

重々しい壁を設置してしまうと、圧迫感が出てしまったり、風通しが悪くなってしまいます。

パネルやスクリーンなど、薄い目隠しをすることで開放感を残しつつ、周りからの目をシャットアウトすることができます。

目隠しをつけると物干しスペースにもなるのでとても便利です。

 

・自分好みの花壇や家庭菜園をする

小さなお庭でも、植物を植えればあなた専用の素敵な畑に早変わりです。

心が穏やかになるお花を植えるもよし、家庭菜園に挑戦するもよし…可能性は無限大です。

 

狭い庭の工夫



狭いと思っていても、庭の面積を広げることはできません。

しかし狭くても工夫次第で快適な空間にすることは可能です。

ちょっとした工夫を積み重ねることで、ときめく場所に庭を変えていきましょう。

 

・物を置きすぎない

折角のスペースだからといって、たくさん物を置いてしまうと折角の素敵なお庭が物置になってしまいます。

高さがあるものなども、圧迫感で狭いお庭がもっと狭く見えてしまうことでしょう。

しまっておきたいものは外観の邪魔にならないような収納スペースを設置すると良いと思います。

 

・適度に緑を設置する

植物の緑があるだけで、狭い庭の雰囲気もガラリと変わります。

もし木を植える場合は、あまり高くなりすぎず、スリムな木を選ぶと良いでしょう。

芝生を敷くのも良いかもしれません。

 

・ライトを設置する

ライトを設置することでお庭の雰囲気を格段にアップさせることができます。

センサーで点灯するライトにすれば防犯対策にもなります。

 

まとめ

うちの庭は狭いから…と諦めてしまうのはまだ早いです。

最近は100円ショップのアイテムでも手軽にオシャレなものが多いので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

極小庭も、お気に入りの場所になるかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です