サイクルポート

2011年01月26日

 自転車置場をプランニングに取り入れる際まず考えるのは、単独か付属か

限りある敷地の場合、将来的な使い道を考えると付属タイプはオススメです。

単独タイプ

 

sai1

 

付属タイプ

 

sai2

 

前面パネルを付ければ物置としても使えます。

 

sai4

 

ほとんどがアルミ製品が多いのですが、天然木を使ったウッド仕様もできます。

 

sai3

 

この他にもいくつか方法があります。もし サイクルポートをお考えの方がいらしゃいましたら、一度 デザイナーに

ご相談してみては如何でしょうか?

(デザイナー 太田)

関連するページを見る:

同じ分類のページを見る:デザイナーブログ

資料請求はこちら